ブログBlog

Blog

080-6121-1749

Home > ブログ > 新春の書

NEWS

新春の書

1月2日(木)~7日(火)まで、さんちかホールにおいて兵庫県書作家協会行事「新春の書」が行われました。

兵庫県書作家協会の幹部役員の小作品と年賀状の展示となります。

会場には多くの人が足を運ばれました。

 

滴仙会からは理事長の伊藤一翔先生、師である西本茜堂先生をはじめ数名の先生方が出品をされました。

 

 

☆今回僕は漢詩を教えて頂いている北口鐡枴(きたぐちてっかい)先生が過去に作られた詩を書かせて頂きました。

「全家康健此迎春 拂曉攜妻共賽神 欽仰聖明恩澤遍 瞳々旭日地天新(七言絶句)」

漢字ばかりが並んでいても皆さんわかりづらいので…↓

「家内みな健康で正月を迎え、夜明けに妻と共に参拝をする。国を治める天子の徳を慕い、日々多くの恵みを頂き、目は一杯の朝日に満たされ世界が新しく輝いている。」というような内容です!

 

 

☆年賀状作品は「飛翔」と書きました。(☜オリンピックの年にちなんで元気のよい言葉をえらびました。

「子(ねずみ)」の篆書(てんしょ)を書いていますが、オリンピックの選手が頑張ってガッツポーズをしている姿にもかさねて元気な「子(ねずみ)」に後ろに顔彩で五輪の輪を書いてみました。

 

 

東京オリンピックが無事成功して、良い1年となる事を祈ります(^-^)!

 

シェアするShare

ブログ一覧